お金を早くに借りるなら、最短即日融資も可能なすぐ借りられる消費者金融を利用しましょう。

初回契約の限度額はいくらか

キャッシング契約で気になるのは、いくら借りられるかです。借りられる金額によっては申し込みを行うかどうかを考え直す方もいるでしょうが、限度額は審査を受けてみないと分かりません。

契約時の限度額は、審査の結果で決まります。収入や信用情報でいくらまで貸せるのかの破談がされますが、初回の契約では限度額は大きくならない傾向にあります。収入状況から50万円が貸せるとしても、初回は20万円程度に抑えられる場合も多いのです。

多いとされる限度額の設定

消費者金融の大手サービスでは、初めての申し込みの方には10万円程度、収入状況によっては5万円ほどの限度額となる場合が多いとされています。実際、生活費や急な出費で借りるのであれば5万円や10万円もあれば十分ですが、まとまった借り入れを考えている方には物足りなく感じるかもしれません。

真剣に大きな金額を借りること考えているなら、消費者金融ではなく銀行のカードローンやフリーローンを考え、消費者金融のキャッシングは基本は少額を手軽に気軽に借りるものだと覚えておきましょう。

限度額は契約中に増える

初回契約では大きくなりづらい限度額も、契約をしてから半年程度の利用実績を積むと、増額がされるようにもなります。もちろんそれまでの利用状況や他社での借り入れなども信用情報機関を通じて見られるのですが、増額が認められれば限度額が上がります。

初回契約では5万円や10万円の限度額でも、増額を繰り返して50万円程度の限度額になるケースも決して珍しくはありません。初めての申し込みで限度額が小さいからと諦めず、利用実績を積んで今後の限度額の増額に期待をするのも、悪くない使い方と言えるでしょう。

トップへ戻る