お金を早くに借りるなら、最短即日融資も可能なすぐ借りられる消費者金融を利用しましょう。

すぐにお金を借りる

緊急でお金が必要になった、支払いがすぐそこまで来ているのに手元にお金がないなど、お金をすぐに借りるなら審査回答や融資の対応が早い消費者金融が良いです。来店不要のスマホ対応の申し込みでキャッシングによるお金を借りる手続きが進められ、早ければその日のうちに最短即日融資も可能となるので助かります。

すぐに借りたい場合、お金を借りるまでの時間を短くしたい場合にも消費者金融は頼れるので、どうしても早くにお金が必要であれば消費者金融のキャッシングが便利です。

ただ、消費者金融でお金を借りる際の金利は決して低くはないので、借りるにあたってはしっかりとした返済計画が求められます。どの程度のお金を借りると返済はいくらになるのか、完済までにどの程度の期間となるのかなどは、お金を借りる前によく確認をしておくようにしましょう。

早くにお金を借りるには

とにかく早くにお金を借りると考えるなら、まずは今現在の時間を確認してください。信頼の大手消費者金融ですぐに借りられる最短即日融資の利用のためには、来店不要の銀行振り込み融資となると平日14時までの手続きが求められるところが多いです。

時間外となると振り込みではその日のうちにお金は借りられないので、時間外となっている場合、または申し込みから審査、契約までの間に時間を過ぎそうだと考えられるのであれば、別の方法でお金を借りることを考える必要があります。

  • 14時以降に早くにお金を借りる方法

14時を過ぎている場合には、ネットで申し込みを行った後に近くの契約機で手続きを進める方法であれば、最短でその日のうちにお金を借りる契約が行えます。14時以降は当日中に借りることができないのではなく、銀行振り込みでは対応ができないだけなので、夕方でも夜間でも契約機や消費者金融自体の営業時間内であれば、その日のうちのお金を借りる契約が可能となります。

大手の消費者金融であれば多くの場所に契約機を設置しており、ネット申し込み後に早くにお金を借りる手続きが進められるようになっています。特に契約機の設置数が多いプロミスは、お金を借りると考えた際にまず候補に挙げておきたい消費者金融と言えます。

第00位

プロミス

★★★★★

最短即日でお金を借りると考えるなら、最短30分審査と最短1時間融資の早い対応がとにかく頼れます。

実質年率限度額審査時間融資時間
4.5%~17.8%1~500万円最短30分最短1時間
申し込みはネットで24時間行え、審査の回答は最短30分、融資対応は最短1時間と、とにかく手軽さと早さが優れる大手の消費者金融キャッシングサービスです。来店不要での契約も可能で、契約後の利用においてもカードを使ってATMで、インターネットでの振り込みでと便利な点も魅力となります。メールアドレスとWeb明細利用登録で初回30日間の無利息サービスもあるので、お得にお金を借りたい方も注目です。
プロミス
  • プロミスの瞬フリなら土日も来店不要

通常の振り込みキャッシングとは異なり、プロミスでは「瞬フリ」と呼ばれる独自のサービスを用意しています。三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座に限られますが、どちらかの口座を22時までに登録をしておけば、24時間最短10秒の振り込みでお金を借りることも可能となります。曜日も時間も問わないので、土曜日でも日曜日でも、利用可能時間内であればいつでも来店不要ですぐにお金を借りる振り込みが可能です。

プロミスの瞬フリは契約当日にも利用ができるので、週末にネットから申し込みをし、審査通過後にWeb契約と口座の登録を行えば、土日であっても来店不要の振り込みでお金を借りる即日融資も可能となるのです。

プロミスの特徴とポイント

すぐにお金を借りる、とにかく早くにお金が借りたいといった場合に頼れるプロミスでは、借りるにあたって様々な特徴やポイントがあります。それぞれを知っておくとより便利に安心してキャッシングの利用ができるので、それぞれお金を借りる前に見ておくと良いでしょう。

  • 一度の契約で繰り返し使える

プロミスのカードを使えば、限度額の範囲内なら再申し込み不要で繰り返しお金を借りることができます。審査の結果で限度額が10万円となれば、例えば3万円を借りている状態でも、追加で7万円まではお金を借りるキャッシングの利用ができます。返済の滞納などがあると一時的にカードの利用が停止される可能性がありますが、返済期日前で正常な利用であれば、限度額内なら追加融資が自由に利用可能です。

  • 借りたい分だけ借りられる

限度額はあくまで借りられる上限金額となるため、何も限度額の満額を借りなければならないわけではありません。限度額が10万円としても必要な金額が1万円や2万円であれば、必要な分だけを借りれば良いのです。多くを借りると利息の負担が膨らんでしまうため、必要最低限のお金を借りるに留められるのは、プロミスのキャッシングで安心ができる点です。

  • 返済は月々2,000円からでもOK

借り入れ残高によって毎月の返済金額が変わる契約となっているプロミスでは、5万円までのキャッシング利用なら、月々の返済金額は2,000円となっています。ゆとりのある返済で進められ、お金に余裕があるときには任意で追加の返済も行えるので、臨時収入が入ったときやお金が余った月などは、積極的に返済を進めることで残高も利息も減らせるようになります。

プロミスでお金を借りるなら

プロミスはお金を借りるにあたっての審査回答が最短30分と早くなっていますが、審査回答が早いからといって審査がゆるいわけではありません。しっかりとした基準で審査を行っているので、収入が安定していない方や他社での利用状況が悪い方などは、プロミスでお金を借りる契約が行えない可能性が高くなります。

また、信用情報にも注意が必要です。審査の際に確認がされる信用情報機関では、これまでの利用履歴や申し込みに関する情報も記録がされています。お金を借りるために多くのキャッシングに申し込みを行うなどすると、信用情報機関に履歴が積み重なり、審査で不利になる場合があります。

これはプロミスに限らず他の消費者金融でお金を借りる場合でも同様であるため、プロミス以外でお金を借りることを考える場合にも注意が必要です。すぐに借りたい、お金を借りるための審査に通りたいと考えるなら、多重申し込みは控えるべきです。

申し込みに関する情報の照会履歴は半年間残り続けます。履歴が多くなればなるほどにお金を借りるための審査が厳しくなるとされているので、余計な申し込みはせずに慎重な申し込みを進めるようにしてください。

他の消費者金融でお金を借りる

最短即日融資でお金を借りるキャッシングが利用できるのは、何もプロミスだけではありません。早さやサービス面でプロミスが優れているだけで、他の消費者金融でお金を借りる選択をしても悪くはありません。

消費者金融同士であれば金利面ではそこまで大きな違いはなく、限度額に関しても上限にはいくらか差があるものの、実際にお金を借りる際には10万円や20万円となる場合が多いため、それぞれの消費者金融間での違いはほとんどないことになります。

比べるべきはサービス面や特徴となるため、どの消費者金融でお金を借りるかを考えるなら、金利や限度額ではなく審査の時間や融資の対応、その他の利用における特徴等で比較をしておくと良いでしょう。

第00位

アイフル

★★★★★

今日中にお金を借りるといった希望にも応えられる、信頼の独立系大手消費者金融です。

実質年率限度額審査時間融資時間
4.5%~18.0%最大500万円最短30分最短1時間
申し込みの時間や審査の結果によっては翌営業日の取り扱いとなる場合がありますが、アイフルなら最短でその日のうちにお金を借りるキャッシングの利用も可能です。ネット申し込みでの来店不要契約も、契約ルームを使う手続きもどちらでも時間内であれば最短即日融資も可能なため、曜日や時間、希望をする手続き内容を決めた上でまずはネットで申し込みを進めるようにしてください。
アイフル

お金を借りる際の必要書類

消費者金融でお金を借りるにあたって必要となる書類は、本人確認書類が必須となります。主に免許証となり、お金を借りる契約を行う際には必ず必要となります。

借りる金額によっては免許証だけで契約が行える場合もあり、プロミスでは50万円までの借り入れで他社との合計で100万円までの契約であれば、免許証だけで契約が行えるようになっています。申し込みの内容や審査の結果によっては金額問わずに別の書類が必要となる場合がありますが、その際であっても必要となるのは収入を証明する書類です。

そこまで難しい書類が必要となるわけではなく、消費者金融で少額だけお金を借りるのであれば、必要となる書類も少なく契約が行えます。手間をかけずにすぐに借りられるのが消費者金融の魅力となり、急な出費にもスピーディに対応をしてくれます。

  • 免許証以外の本人確認書類

お金を借りる際の本人確認書類は、顔写真付きとなる運転免許証が基本となります。本人確認書類として強いために免許証があれば手続きが進めやすいですが、免許証の交付を受けていない方は別の書類の写しを提出することとなります。免許証以外で本人確認書類として認められる書類はそれぞれの借り入れ先によって異なるので、申し込み時に問い合わせて確認をしておくと良いでしょう。

お金を借りるなら返済を考える

お金は借りるだけで終わりではなく、借りる以上は返済をしなければなりません。消費者金融などのキャッシングでお金を借りるとなれば、返済時には利息の支払いも必要となるために負担が大きくなります。

利息は思っている以上に大きな負担となり、月々の返済に計画を持っておかないと返済が長期化してしまいます。返済が長期に渡ると利息の総額も多くなり、借りた金額から考えて非常に大きな支払い総額に膨れ上がる可能性があります。

特に気をつけておきたいのは毎月の返済金額で、借りる金額が少なければ月々の返済金額にも余裕が持てるようにもなりますが、より効率的に返済を進めるなら金額に上乗せをしての多くの返済を行うべきです。積極的に返済を進めるようにすれば、それだけ元金が減るために完済が早まり、最終的な支払い総額も少なく抑えられるのです。

毎月の返済が4,000円だとした場合に、返済を5,000円ずつにするだけでも完済時の支払い総額には大きな違いがあります。余計な利息の支払いを抑えてお金を借りるなら返済金額には余裕を持ち、積極的な返済ができるようにしておくべきです。

計画的にお金を借りる

消費者金融のカードローンによるキャッシングは、契約後であれば限度額内で繰り返し何度でも、再申し込みも不要でお金を借りることができるようになります。コンビニなどの提携ATMでもカードが使えるので、困ったときにはすぐにお金を借りる、素早いキャッシングの利用が可能となります。

大変便利で助かるサービスとなりますが、お金を借りるのであれば上でも触れているように返済をしなければならないため、限度額があるからと余計に借りるようなことはすべきではありません。必要最小限でお金を借りるようにし、余計な借り入れは重ねないのがキャッシングの基本です。

「ご利用は計画的に」の言葉通りにしっかりとした計画のもとで借りるようにすれば、決して金利は低くない消費者金融のキャッシングも返済を負担とせずに利用ができます。収入や支出からバランスを考え、借りすぎにならないようにお金を借りるキャッシングを利用してください。

お金を借りる際の手続きや返済に関する疑問点など、何かあればコールセンターに連絡をしてみましょう。どんなに些細なことでも、しっかりと理解をしてから借りるのがキャッシングで失敗をしないコツとなります。

トップへ戻る